Interview 利用者の声

Interview 06

工場長→不動産営業マン

営業の奥深さを肌で感じることができており、毎日充実したワークライフを過ごせています。

工場では高卒から8年間勤務して参りました。工場長という責任あるポジションを任されておりました。福利厚生もよく、給料もそれなりにいただいていましたが自分の人生を見つめ直し、もっとチャレンジしたいと思い転職を決意しました。今は土地活用の営業で日々新規開拓を行い、時には罵倒されたり怒鳴られたりしますが、自分の成長のスピードを考えると工場員の時とは雲泥の差です。

北林さん(26歳)

なぜ前職を辞められたんですか?
給料も福利厚生も悪くなかったですが、このままチャレンジせずに一生工場員というのは厳しいと思い前職を辞めてチャレンジしようと思いました。
今はどのようなお仕事内容ですか?
不動産業界での土地活用の営業を行っております。土地を保有しているオーナーさんのもとに行ってマンション経営の提案をする営業です。
転職する際は怖くなかったですか?どのように一歩踏み出したんですか?
非常に怖かったです。右も左も分からないので何が怖いのか、何が心配なのかが分からないということが一番でした。でも考えても不安が募るばかりですので、流れに身を任して飛びこんでみました!飛び込みさへすれば後は自分を信じて日々コツコツやるだけなので、皆さんもできます!!
最後に、今転職で悩んでる方々へ一言お願いします。
現職で悩んでいる、将来に不安がある、そういう方々は今すぐに動くべきです。悩んでいても誰も解決してくれないですし自分で切り開くしかありません。CareEarthさんなら、未来を切り開くお手伝いを同じ目線でサポートしてくれます。僕も今は下積みで泥臭く営業をしています。皆さんも一緒に成長していきましょう!!